名古屋のAGA・発毛・薄毛・育毛治療は西堀形成外科

運営:にしほりクリニック 西堀形成外科

052-769-4800

薄毛の治療方法

育毛剤・養毛剤

育毛剤・養毛剤

多くの方が抜け毛や薄毛が気になりだしたら最初に手にする方法ではないかと思います。

製品が個人に合うかを考えると効果はさまざまです。

またその効果の測定は不確実なことが多く、清涼感があるものなどはかえって頭皮の刺激となり合わないこともあります。効能も様々記載されておりますが、その効果を実感できている方は多くはない印象です。次々と新しい製品が出るので患者様も効果を実感できないまま、新製品を使い始めるパターンが多く、投資金額が多額となってしまうケースが多いかもしれません。

自分の頭皮のタイプや抜け毛の原因を認識した上でご自身に合うものを使用することが大切です。効果の測定としては毎日マッサージを行ったあとに抜け毛の本数をチェックして変化があるかどうか、髪にコシが出るかどうかをチェックするなどです。

カツラ

育毛剤・養毛剤

カツラはあくまで症状に対しての対外的な対策に過ぎません。むしろ頭皮や毛髪には負担がかかったり、不衛生になったりしてかえって症状を進行させることにもつながりかねません。軽度の症状の方が早期からカツラを着用することで、血流が阻害されたり、頭皮がムレたり、悪影響を及ぼします。それにより抜け毛、薄毛の症状が進行し、更に新しいカツラを作ることになるケースも認められます。

植毛

育毛剤・養毛剤

植毛には2通りあります。1つは、人工毛などを脱毛した頭皮に植える方法。2つ目はご自身の健常部位の毛髪を毛根ごと外科的処置によって移植する方法です。どちらも高額で外科的侵襲性がある治療となります。
人工毛の場合、頭皮が化膿したり炎症を起こすなどの副作用をともなうケースも少なくありません。また、人間の皮膚は自分のものとは違う人工毛を異物であると認識し、これを排除しようとする作用により免疫反応が起こることがあります。この場合頭皮の状態はさらに悪化します。

増毛

育毛剤・養毛剤

増毛とは、自分の毛髪に人工毛などを結びつけて髪のボリュームを出す方法です。しかし、当然のことながら結びつけられた髪にはもとよりも大きな負担がかかります。1本の髪に数本の人工毛を結びつければ数倍の負荷が毛根にかかり、当然抜けやすくなります。また、結びつけた毛が抜けてしまえば、完全に元の状態へ戻ることになります。

それどころか、脱毛をさらに進行させてしまうことになりかねません。

当クリニックでは、初回カウンセリングで患者様の症状・治療についてのご希望を詳しくお聞きし、お一人お一人に最適な治療法をご提案いたします。
育毛専門スタッフによる初回カウンセリングは無料です。お気軽にお問合せください。

<!—お問い合わせバナー部分!—>
<div class="main_contactbnr mb30">
<p class="right">名古屋のAGA・育毛・薄毛治療のご相談は「西堀形成外科」へ</p>

<ul class="clearfix">
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/mail-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_01.png" /></a></li>
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/first-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_02.png" /></a></li>
<li class="fL"><a href="http://nagoya-ikumou.com/revisit-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_03.png" /></a></li>
</ul>
<p class="center">西堀形成外科 名古屋駅から名古屋市営東山線藤が丘駅で降車 徒歩3分</p>

</div>
<!—お問い合わせバナー部分!—>

052-769-4800

side_bnr06

  • side_bnr08
  • side_bnr08
  • side_bnr08

side_ttl02

side_ttl02

side_ttl01