名古屋のAGA・発毛・薄毛・育毛治療は西堀形成外科

運営:にしほりクリニック 西堀形成外科

052-769-4800

ミノキシジル、ロゲインとは

drug1 もともとミノキシジルは高血圧の治療薬として使用されていました。副作用として多毛化が起こったため、そこから育毛、薄毛の治療薬として使用されるようになりました。よって血圧が低下したりすることもありますので、安易に個人輸入したものを使用するのではなく、個人の体質に合ったものを医師に処方してもらった方が安心です。

 

一般的な薄毛対策においてミノキシジルを使用する場合、頭皮に塗布する液状の外用薬を用います。市販の育毛剤にも配合されております。

 

内服型のミノキシジルの処方も医療機関では可能です。

 

またフィナステリドとの併用が可能であり、異なる作用で相乗効果が生まれ、治療が効果的に行えます。

 

フィナステリドがAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑制して「抜け毛を防ぐ」のに対し、ミノキシジルは「太く強い髪をつくる」薬剤です。

 

ミノキシジル外用は日本皮膚科学会・男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)でも、男性型脱毛症であるAGAに対して、男性の場合は推奨度がAランクであり、安全性の高いエビデンスのある治療といえます。
作用と効果

もともとは高血圧の薬剤のため血管拡張作用があります。頭皮の血管を広げることで血行を促進し、血流の増加によって頭皮に栄養分を与え、結果、毛母細胞が活性化して育毛につながると考えられています。

 

また血管拡張作用以外に毛周期の休止期から成長期へのスイッチいれる作用、毛母細胞の増殖を促進する作用によって、本来の正常な毛周期に近づけるとされています。毛髪を太く強くし、伸びが速くなる作用が期待されます。

 

理由はわかりませんが、このミノキシジルの効果は頭頂部でのみ得られ、前頭部では効果が期待できないとされています。

効果の発現としてはフィナステリドと同様に半年程度は継続して外用、内服する必要があります。

 

 

副作用

もともとの血管拡張作用から、血圧を下げる作用があるため、血圧の低い方(特に女性など)では使用によりふらつき、眠気や頭痛などがでる場合があります。
外用のケースで多いのが頭皮の皮膚炎です。アレルギー反応によりかゆみや炎症を伴うことがあります。

 

当クリニックでは内服開始後、副作用の発生がないかアフターフォローをしっかり行います。安心して通院して頂けます。

 

 

当クリニックでは、初回カウンセリングで患者様の症状・治療についてのご希望を詳しくお聞きし、お一人お一人に最適な治療法をご提案いたします。
育毛専門スタッフによる初回カウンセリングは無料です。お気軽にお問合せください。

 

<!—お問い合わせバナー部分!—>
<div class="main_contactbnr mb30">
<p class="right">名古屋のAGA・育毛・薄毛治療のご相談は「西堀形成外科」へ</p>

<ul class="clearfix">
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/mail-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_01.png" /></a></li>
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/first-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_02.png" /></a></li>
<li class="fL"><a href="http://nagoya-ikumou.com/revisit-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_03.png" /></a></li>
</ul>
<p class="center">西堀形成外科 名古屋駅から名古屋市営東山線藤が丘駅で降車 徒歩3分</p>

</div>
<!—お問い合わせバナー部分!—>

052-769-4800

side_bnr06

  • side_bnr08
  • side_bnr08
  • side_bnr08

side_ttl02

side_ttl02

side_ttl01