名古屋のAGA・発毛・薄毛・育毛治療は西堀形成外科

運営:にしほりクリニック 西堀形成外科

052-769-4800

AGA(男性型脱毛症)とは

img01 AGAとは、主に20代後半以降にみられる、前頭部、後頭部の毛髪が薄くなる症状です。原因としては遺伝子的な問題が挙げられ、遺伝性も認められます。 

遺伝的な原因の背景には、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が亢進し、脱毛ホルモンDHTが生成されることが関係しています。

そのDHTから脱毛タンパクが分泌され、毛の生える根となる毛母細胞がダメージを受けてしまうのです。

 

医学的な治療を行わなければこのサイクルは繰り返され、どんどん症状が進行していきます。
まれに女性にもAGAが発現することがあります。

毛周期
 
AGAの症状 典型的な症状には前頭部の後退、頭頂部の脱毛が見られます。
この場合、頭皮のケアだけでは明確な効果は得られません。医学的にはミノキシジル、フィナステリドの内服が有効です。

btn03

軽度~中等度の場合は内服・外用、およびヘアケアや生活習慣、食生活の改善などにより結果が期待できます。

しかし進行したAGAでは、すでに毛母細胞のダメージが大きくなっていることがあります。

AGAが進行して毛根が完全に萎縮してしまっていると結果を得ることが難しい場合があります。しかし毛根が残っている状態であれば、発毛、育毛、脱毛抑制と、全ての効果が期待できる毛髪再生医療・HARG療法による治療をお勧めします。

btn

 

 

AGAの経過AGAは進行型であることが特徴です。
日本人では20代後半から症状が出始め、前頭部の後退や抜け毛が気になり始めるケースが多いです。

多数の方は30代になると進行し、40代に禿髪となります。

 

発症のタイプは様々で前頭部から、頭頂部からと個人差がありますが、最終的に未治療の場合は進行をして同じ結果を迎えます。

 

毛根が萎縮して廃用してしまうと結果が出にくかったり、結果が出るまでに時間がかかってしまいます。遺伝的原因が明らかであればできるだけ早い時期に治療を開始してAGAの進行を防ぎ、今残っている毛根を残し、または頭髪が再生する毛根からの育毛を促進する治療が必要です。

AGAかどうか、チェックしてみましょう

chesk

確認ポイント
① ②のいずれかが「はい」の方は遺伝的なリスクがあります。

③ から⑨の症状がある場合はAGAの症状があります

AGAは早期診断、早期発見が大切です。ご心配な方は当クリニックまでお気軽にご相談ください。

 

当クリニックでは、初回カウンセリングで患者様の症状・治療についてのご希望を詳しくお聞きし、お一人お一人に最適な治療法をご提案いたします。
育毛専門スタッフによる初回カウンセリングは無料です。お気軽にお問合せください。

 

<!—お問い合わせバナー部分!—>
<div class="main_contactbnr mb30">
<p class="right">名古屋のAGA・育毛・薄毛治療のご相談は「西堀形成外科」へ</p>

<ul class="clearfix">
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/mail-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_01.png" /></a></li>
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/first-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_02.png" /></a></li>
<li class="fL"><a href="http://nagoya-ikumou.com/revisit-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_03.png" /></a></li>
</ul>
<p class="center">西堀形成外科 名古屋駅から名古屋市営東山線藤が丘駅で降車 徒歩3分</p>

</div>
<!—お問い合わせバナー部分!—>

052-769-4800

side_bnr06

  • side_bnr08
  • side_bnr08
  • side_bnr08

side_ttl02

side_ttl02

side_ttl01