名古屋のAGA・発毛・薄毛・育毛治療は西堀形成外科

運営:にしほりクリニック 西堀形成外科

052-769-4800

女性のお悩み~髪質劣化~

☆30代後半から徐々に髪質は劣化します!

髪の毛の質や太さ、量のピークは20代。どれだけ恵まれた髪質の人でも、30代後半を境として、徐々に劣化していくのが現実です。

次第に髪質の劣化が顕著に現れるのは、「うねり」。これは、髪の毛が波をうったようになるもので、乾燥しやすくなった髪が空気中の水分を含み、その影響でくせが出るために起こります。

若い頃は、サラサラの直毛だった人も、しだいにくせ毛になってくるのは、そのため。また、女性に特徴的なのが、更年期の前後に起こる髪質の低下です。

一般的に、40代後半から50代前半が更年期に当たりますが、最近ではそれより早い年齢で更年期を迎える人も増えています。

更年期が早く来るということは、「女性ホルモンのバランスが乱れる時期が早く来る」ということ。女性ホルモンの減少は、抜け毛や薄毛をはじめとした髪質の低下につながります。

 

☆髪に必要な栄養は?

髪はすでに死んでしまった細胞の集まりです。そこに高価なトリートメント剤を使ったところで、外側の補修をしているにすぎません。

髪の健康にとって何より大切なのは、体の環境を内側から整えること。これから生えてくる髪に対して、しっかり先行投資をしておくことが大切です。

髪の健康にとって一番良くないことは、「栄養不足」です。ダイエット等で、無理な食事制限をすると栄養のバランスは悪くなり、体が゛低栄養゛状態に陥ります。

すると心臓や肺、肝臓など、生きていく為に欠かせない臓器がわずかな栄養分を持って行ってしまうため、髪に送られる栄養分は後回しになります。

その結果、髪が抜ける、細くなる、切れやすくなる、コシや艶が失わされるなどして、髪質を悪化させてしますのです。

健康のためにも、タンパク質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、脂質を日々バランス良く摂取して、毛母細胞の活性化を心掛けて下さい。

栄養は、できるだけ自然な食品からとったほうが、肌や髪にはいいため、サプリメントなどはプラスαとして利用しましょう。

 

☆冷えは、女性の大敵。髪にもよくありません!

冷えの正体は、血液の抹消循環の悪化なので、冷えると頭皮に血が通いにくくなり、薄毛の問題が発生しやすくなります。

タバコも血流を悪くするのでやめましょう。 睡眠も大切です。毛母細胞の分裂は、午後9時頃がピークで、髪が最も成長するのは、午後10時から午前2時頃だといわれています。

遅くとも、日付けが変わる前にはベットに入るようにしてください。ほかにも、適度に体を動かす、ストレスをためないことなども大切です。

<!—お問い合わせバナー部分!—>
<div class="main_contactbnr mb30">
<p class="right">名古屋のAGA・育毛・薄毛治療のご相談は「西堀形成外科」へ</p>

<ul class="clearfix">
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/mail-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_01.png" /></a></li>
<li class="fL mr6"><a href="http://nagoya-ikumou.com/first-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_02.png" /></a></li>
<li class="fL"><a href="http://nagoya-ikumou.com/revisit-input.html"><img alt="main_bnr24_01" src="http://nishihori-ikumou.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2014/01/main_bnr24_03.png" /></a></li>
</ul>
<p class="center">西堀形成外科 名古屋駅から名古屋市営東山線藤が丘駅で降車 徒歩3分</p>

</div>
<!—お問い合わせバナー部分!—>

052-769-4800

side_bnr06

  • side_bnr08
  • side_bnr08
  • side_bnr08

side_ttl02

side_ttl02

side_ttl01